寝返りしやすいマットレス

「寝返りのしやすさ」が睡眠の質を高める秘訣

睡眠不足が慢性化して、寝てもなかなか疲れが取れないという人、多いですよね。 だからこそ、みんなが求めているのが「睡眠の質」! 限られた睡眠時間でも身体の疲れを取れるよう、睡眠の質を高めるにはどうすればいいのか? 調べてみたところ、「寝返り」が重要なポイントとして浮かび上がってきました。

「寝返り」の大切さと、適切な「寝返り」の秘訣を紹介

「質の高い眠り」ってどんなもの? 眠りを深くしてぐっすり眠ることが大切だと分かっていても、どうすれば深く眠れるのかわからない! そんなあなたは、「寝返り」に注目してみて下さい。 実は、「寝返りのしやすさ」こそが快眠の秘訣だったのです。

寝返りは体内の“体液”“血液”“リンパ液”の流れを促す重要な役目があり、人によって若干回数は異なるそうですが、ひと晩で20〜30回が適正な寝返りの回数 だと言われています。 その寝返りをいかにスムーズに、余分な力を必要とせずに打つことができるかが快眠の大事なポイントなのです。

【参考文献】 ・『驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100』三橋美穂・著

引用:子供と遊ぶパワーを充電! 体の疲れがスッキリ取れる“快眠”の秘訣3つ

適切な寝返りのために押さえておきたいポイントは以下の3つ。

●(1)体のかたさと近いマットレスで眠る
●(2)高さの合う枕をバスタオルで作って眠る
●(3)パジャマを着て眠る

引用:子供と遊ぶパワーを充電! 体の疲れがスッキリ取れる“快眠”の秘訣3つ

安眠できるマットレス選び、ポイントはやはり「硬さ」

「寝返りのうちやすさ」を確保するための最も重要なポイントはマットレス。どんなマットレスを使うかで寝返りのしやすさは変わってきますので、マットレスの選び方は大切です。 柔らかくふかふかの方が寝心地が良い…というのはやはり早計で、しっかり筋肉がついた人ほど硬めのマットレスでないと寝返りがうちにくくなるようですね。

一般的に、筋肉質でガッチリ体型の人にはやや硬めのマットレスが、筋肉が少なく柔らかい体の人にはやや柔らかめのマットレスがフィットするそうです。
自分の体のかたさにあったものを選ぶと、寝返りがしやすくなります。
~中略~
ご自身の眠っている布団やマットレスを今一度チェックしてみて、体のかたさに近づけるという観点で調節してみてください。

引用:子供と遊ぶパワーを充電! 体の疲れがスッキリ取れる“快眠”の秘訣3つ

ぐっすり眠って疲れを取るために、寝返りのうちやすい高反発マットレスを

安眠グッズといえば「安眠まくら」が頭に浮かぶ人も多いはず。 実際、自分の頭の高さにあったまくらは「適切な寝返り=快眠」のためにも重要です。 ただまくらの場合は、慌てて特注のまくらを誂えなくても、まずタオルを使って自分に合った高さの枕を作るだけでもOK。

一方、マットレスは、硬さが自分に合っているかどうかが寝返りのしやすさを左右します。 そこでおすすめなのが、「寝返りのうちやすさ」で注目されている高反発マットレス。 「最近、寝てもちゃんと疲れがとれない」というあなた。その原因は、体に合わないマットレスかもしれません。 あなたの体に合った1枚を是非みつけて下さい。

↑ PAGE TOP